宇都宮市・鹿沼市・日光市で便利屋19年の信頼と実績!・親切、丁寧がモットーです。引越し・廃品不用品回収・粗大ゴミ処分・遺品整理・ハウスクリーニングやお掃除・草刈りや枝切り・草むしり・除草・害虫駆除等どんな事でもお任せ下さい

遺品整理2

遺品整理について

現代の様に核家族化が進む以前は、同居していたご家族やご親族の方が遺品を片付ける事が当たり前でした。 しかし、現在は様々な事情で難しい事例も多くなってきました。

  • 離れて暮らしているため頻繁に実家に戻れない。
  • 仕事が忙しく、片付ける余裕がない。
  • 不用品を捨てるのに、どう捨てたいいのか判らない。
  • 大量に不用品があり過ぎてどこから手を付けていいのか判らない。
  • たんすや食器棚など重たい物、大きい物を搬出出来ない。
  • 手伝ってくれる人が身近にいない。
  • 思い出がありすぎて、どれも捨てられない。
  • アパートの退出期限が迫っているのに終わらない。

・・・など色々な理由で遺品整理をすることが困難になっています。これらの問題を解消するために「遺品整理のプロ」にお願いする方も増えています。

高齢化社会、核家族化の現代に必要とされる遺品整理

超高齢化社会を迎え、生まれる人口よりも死亡していく人口の方が多い時代に突入し、遺品整理業は乱立の時代を迎えています。それらの事から作業料金が高騰した時代もありました。また高額な金額を請求しておきながら不法投棄を行う悪徳業者も出て来ています。しかし、遺品整理という故人の遺品を扱う崇高な仕事をいい加減な気持ちで行う事は道徳上許されません。

当社は作業手順・法規則はもとより遺品に対するモラルなども勉強した上で安価で丁寧な作業を行っています。 また作業員一人一人がコンプライアンス(法令順守)を重視し、故人に畏敬の念をもって作業にあたることをお約束致します。

遺品整理料金を安くする方法

廃棄処分料は処分方法などにより料金は変わりますが、作業時間が短縮されれば、その分作業代はお安くする事が出来ます。

  • 鉄は鉄、紙は紙、布は布、木は木、プラスチックはプラスチックなど仕分けが必要な物は素材ごとに事前に仕分けをする。(中身がわかる透明なごみ袋が必要)
  • 調味料などの液体は捨てておき、ペットボトル、缶、瓶なども仕分けをする。
  • 食品や冷凍食品などの食材も可燃ごみとして出しておく。
  • 古本は段ボールにまとめる。

これらをお客様の方で事前に仕分けて頂く事によって弊社の作業効率がかなり違います。ただ、適当な仕分け方をするとやり直しをしなくてはならない時間が加算されますのでご注意ください。また時間があれば、一般ごみとして処分出来る物は処分して頂けると遺品整理は安くなります。

遺品整理の事例

beforeafter
画像の説明画像の説明

作業前作業後
画像の説明画像の説明

遺品整理前遺品整理後
画像の説明画像の説明

まるごと整理からご遺族立会いの元での整理まで 
画像の説明画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional